fc2ブログ

Entries

ヴェネチアのサンマルコ広場とドゥカーレ宮殿。

20.3.15~イタリア 88326

我々はヴェネチアのゴンドラに乗り込み運河観光を堪能した後、人が溢れるサンマルコ広場に入って来ました。
イタリア観光ではどこの観光スポットも大勢の観光客に圧倒されました。
このサンマルコ広場は、フェリーや遠くから見ると最も目立ちデジカメに入り切らない程の高さの「鐘楼」が、まず目に飛び込んで来ました。
この「鐘楼」にはエレベーターが設置されており、上からの眺望は最高のようですが、我々は登りませんでした。
鐘楼の下右に時計台が見えます。
20.3.15~イタリア 88726

下の地図は大変簡略化され見易くお借りしました。
サンマルコ広場は、 サン・マルコ寺院の聖堂の正面から柱廊に囲まれた台形になっていて、実際より奥行きがあるように見えます。 この台形広場と、海に面したサン・マルコ小広場が続いて、全体としてL字型になっています。(地図では台形に表現されていませんが?)
小広場には2本の柱があり、それぞれ頂上にはサン・マルコの獅子の彫像と聖テオドーロの彫像があり、中世にはこの柱の間に死刑執行台を設置したため、ヴェネツィアっ子は柱の間を通り抜けないそうです。
ベニス

ドゥカーレ宮殿 の横にある運河に掛かる大きな白い橋の上から大勢の人が、その奥50m位ある有名な「ため息橋」をバックに写真撮影をしていました。

20.3.15~イタリア 90426

20.3.15~イタリア 90126

ドゥカーレ宮殿は説明によると、ベネチア共和国の総督が住み、立法、行政、司法の中枢だった建物で、9世紀に建てられたが、何度か火災に遭い、改築され、15世紀に現在のものとなったそうです。
外観はゴシック様式で、白とピンクの大理石で造られています。
(ドゥカーレ宮殿の向こうにサンマルコ寺院が)
20.3.15~イタリア 88026

20.3.15~イタリア 06133

3方向を大理石の柱廊で囲まれた美しいサン・マルコ広場はベネチアのシンボル的存在で、広場には、高さ96メートルの鐘楼、サン・マルコ寺院、ドゥカーレ宮殿などが建っています。
サン・マルコ寺院については、後日公開します。
20.3.15~イタリア 92326

20.3.15~イタリア 91326

この下の写真はサンマルコ広場ですが台形に見えますね。
20.3.15~イタリア 93226

下はサンマルコ広場の時計台です。我々はこの時計台から向かって左側の建物内でベネチアングラス工房を見学しました。
熱したガラスを自由自在に操り、色々な物を作り出す技術に感動しました。
この時計台の後方には迷路のような道が続き、ブランド品を売る高級店が連なっていました。
20.3.15~イタリア 93326

20.3.15~イタリア 104426

サン・マルコ広場の一角にカフェテラスが設置されており、弦楽器での生演奏があり大勢の皆様が周りを囲み聞きほれていました。
20.3.15~イタリア 103926

サン・マルコ広場にて大理石の柱廊の中で。
20.3.15~イタリア 96026


スポンサーサイト



☆にほんブログ村 ミニチュアシュナウザーブログへ☆
☆人気blogランキングへ☆
↑クリックで応援してくださると励みになりますm(__)m

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://turiteni85.blog13.fc2.com/tb.php/920-9e3db470

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

アルバム

当ブログで掲載した写真たちです。

プロフィール

まさゆき

  • Author:まさゆき
  • 釣り好きのまさゆきからテニス好きに変わり、相変わらずテニス好きのゆきえの合計年齢146歳に到達した夫婦ブログです。家庭菜園と飲む事は夫婦ともに大好きです。更に夫婦で安いツアー旅行にビール片手で出掛ける事が二人の至福の喜びでしたが、2017年12月末から愛犬ミルクが家族となり生活が一変しました。
    静岡市在住;