fc2ブログ

Entries

ヴェローナの「エルベ広場」

 
20.3.15~イタリア 57926

「ジュリエットの家」の表側を通り「スカラ家の廟」を見学し、そこからアーチをくぐって「シニョーリ広場 」入り、更に「大きな釣り針」が吊り下げられているアーチをくぐると、これから紹介する「エルベ広場」に出ました。
私は釣りが趣味であり、このアーチに何故大きな釣り針があるのか色々調べましたが分かりませんでした。
この「エルベ広場」は今見てきた直ぐ隣の「シニョーリ広場」と同じ位の大きさですが、随分「シニョーリ広場」とは印象が違いました。
シニョーリ広場は中心にダンテの像だけがあり、周りに一ヶ所だけカフェテラスがあったのみで、意外と閑散としていましたが、このエルベ広場は大勢の人並みと白いパラソルの下に沢山の屋台がでていて、果物、雑貨、土産物、日用品などを売っている華やかであり庶民的な広場でした。
20.3.15~イタリア 57526

20.3.15~イタリア 56226

上の2枚の写真はランベルティの塔ですが、シニョーリ広場とエルベ広場にまたがる市庁舎にあります。
説明によると、両広場の間にある市庁舎のランベルティの塔入口を入り15世紀に造られた美しい階段のある中庭に出ます。
この裏にランベルティの塔への登り口があり、高さ83mを階段、あるいはエレベーターで登られるそうです。
前回も書きましたが塔の上からはヴェローナの街を一望する事ができるそうですが、我々には時間がなく登る事は出来ませんでした。

20.3.15~イタリア 58026

20.3.15~イタリア 55926新


広場の奥には17世紀に建てられたバロック様式のマッフェィ宮殿があります。
このエルベ広場は古代ローマ時代の公共市場(フォロ・ロマーノ)の跡地に建てられた広場で、市民が裁判や政治集会を行なった公共広場だったそうです。
中央には14世紀に造られた「ヴェローナのマドンナ」と呼ばれる愛らしい噴水があり、広場を取り囲む建物はいずれも中世からルネッサンス期にかけて建てられた豪壮な館や塔があります。

20.3.15~イタリア 56026


20.3.15~イタリア 57626

この旅行で、いたるところにカフェテラスを見ました。
西洋人は冬でも店の外にあるカフェテラスで飲食をするのだそうです。
下の写真で分かりますが、それぞれのテントの奥側にあるガラス張りの三角錐の物はストーブで、我々が観光した時もストーブに火が入っていました。
外でやせ我慢をして飲食をする気であれば、熱効率の悪いストーブは必要がないと思いますが?
20.3.15~イタリア 57726

20.3.15~イタリア 57426新

この後、下の写真の方向へ向かうと、この町で一番賑やかなショッピングストリート、マッツィーニ通りからアレーナのあるブラ広場へと続く500mを、ジュリエットの家の中庭を見学しながら、スリに注意して下さいとのガイドの言葉を何回も聞き歩きました。
20.3.15~イタリア 57026
スポンサーサイト



☆にほんブログ村 ミニチュアシュナウザーブログへ☆
☆人気blogランキングへ☆
↑クリックで応援してくださると励みになりますm(__)m

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://turiteni85.blog13.fc2.com/tb.php/902-27068fb6

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

アルバム

当ブログで掲載した写真たちです。

プロフィール

まさゆき

  • Author:まさゆき
  • 釣り好きのまさゆきからテニス好きに変わり、相変わらずテニス好きのゆきえの合計年齢146歳に到達した夫婦ブログです。家庭菜園と飲む事は夫婦ともに大好きです。更に夫婦で安いツアー旅行にビール片手で出掛ける事が二人の至福の喜びでしたが、2017年12月末から愛犬ミルクが家族となり生活が一変しました。
    静岡市在住;