Entries

千葉南房総へ一泊旅行へ

新デジ9-22 (3)_ks

新デジ9-22 (50)_ks

珍しく千葉南房総への一泊旅行が新聞へ掲載され一番間近に出発するツアーを申し込み、台風16号が通過した翌日22日23日関東等で大雨が降る中、何とか大雨を避け夫婦で楽しんで来ました。
我々夫婦の旅行は酒・ビールを飲むことが第一で観光は二の次になり、雨が降っても旅行は楽しむ事が出来ますが、普段は天候に恵まれる事が圧倒的に多く「晴れ男」だと自負しています。
千葉県市川市には次女家族が生活していますが、千葉県には観光地が少なく30年以上前、家族で成田山新勝寺や勝浦、マザー牧場を訪れた時と仕事の関係で久里浜から金谷フェリーで渡り帰りに鋸山を眺めた程度で、それ以外旅行はありません。

新デジ9-22 (26)_ks

新デジ9-22 (54)_ks

仕事の関係で神奈川東京で40歳過ぎまで20年生活しましたが、ゴルフは地元静岡や神奈川でプレイし名門ゴルフ場が多い千葉へ行くことはありませんでした。
今回の1泊旅行は新幹線を小田原駅で降り、バスで西湘バイパスから横横道路を通って久里浜へ行き、フェリー金谷へ、至近にある鋸山を散策し、野島崎灯台を観光し、目の前にあるホテル南海荘へ泊り、翌日仁右衛門島・濃溝の滝・養老渓谷・新湊鉄道へ乗り江川海岸を見てアクアライン「海ほたる」経由、新横浜駅から帰宅するコースでした。

新デジ9-22 (76)_ks

新デジ9-22 (98)_ks

アクアラインが開通し久里浜金谷を結ぶフェリーは暇になったようですが、1時間に1便程度は運航していました。清水から土肥を結ぶ駿河湾フェリーより一回り大きな船でした。
金谷の港の横には地元の魚介を中心とした大きな土産物屋があり休憩しました。

新デジ9-22 (114)_ks

新デジ9-22 (114)_ks

新デジ9-22 (121)_ks

30年以上前仕事の帰りに立ち寄った「鋸山」は今回乗ったロープウェイには乗らなかったと思いますが大仏は見たような感じがします。
鋸山は雨が上がっていましたが、ロープウェイで昇って行くと中間点位から霧になってしまい何も見えなくなってしまいました。
昔ゴルフでは霧程度ではクローズにならず、何も見えない中をキャディーの言う方向へ打つだけの全く面白くないゴルフを経験したこともあります。

新デジ9-22 (138)_ks

鋸山は海抜329mと静岡にある日本平久能山東照宮と同じくらいの高さで、石を切り出した岩肌が鋸の歯のように鋭いことからその名が付いたようです。鋸山は良質な房州石の産地として江戸から明治にかけて建築用材として盛んに切り出されたようです。
下の写真はネットからお借りしました。

caption.jpg

2_201609251716131fa.jpg

新デジ9-22 (163)_ks

上の写真は静岡県の森町にある「獅子が鼻公園」とソックリな景色が霧の中に現れ、獅子の鼻に位置する場所から「地獄のぞき」経験することが出来るのですが、下の写真の様に鼻の先端だけ見え下は霧で怖さは全くありませんでした。

新デジ9-22 (170)_ks

新デジ9-22 (184)_ks

霧が立ち込める石壁切通しの向こう側に「百尺観音」が彫られていましたが、残念霧でお顔を拝むことが出来ませんでした。
この百尺観音は昭和41年6年の月日をかけ石切り後の絶壁に刻まれた高さ30mの大観音石像だそうです。

新デジ9-22 (189)_ks

新デジ9-22 (191)_ks

新デジ9-22 (227)_ks

上の石大仏は1700年代後半に3年の月日をかけ彫刻されたが、自然の風化浸食により崩壊があり、昭和44年に復元された高さ31m日本一の石大仏だそうです。

新デジ9-22 (222)_ks

新デジ9-22 (218)_ks

日本一石大仏が見える手前左側に「お願い地蔵尊」として小さな「お地蔵さま」が膨大な数おかれており、直ぐそばにある社務所で1体500円で販売され、お願いをする人物の名前を一人だけ書き安置して下さいと説明があり、我々も1体だけ置いてお願いしました。

新デジ9-22 (224)_ks

スポンサーサイト
☆にほんブログ村 趣味ブログへ☆
☆人気blogランキングへ☆
↑クリックで応援してくださると励みになりますm(__)m

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://turiteni85.blog13.fc2.com/tb.php/2647-7f491bc1

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

アルバム

当ブログで掲載した写真たちです。

プロフィール

まさゆき

  • Author:まさゆき
  • 釣り好きのまさゆき、テニス好きのゆきえの合計年齢130歳を超えた夫婦ブログです。家庭菜園と飲む事は夫婦ともに大好きです。更に夫婦で安いツアー旅行にビール片手で出掛ける事が二人の至福の喜びです。
    ブログの写真はソニーサイバーショットを止めキャノンのデジカメで撮影しています。一部は家族の誕生祝デジタル一眼レフでも。
    静岡市在住;