Latest Entries

我家のミルクに翻弄される!(^^)!

2018.2.20 1

昨年の12月26日に我家の一員となったミニチュアシュナウザー「ミルク」は生後5カ月半位になりましたが、体重も6㎏とガッシリとした体形になりヤンチャでやりたい放題の生活をしています。
三女家族が数日前に転居し久し振りに夫婦二人だけの生活へ戻りましたが、「ミルク」の我々夫婦に対する愛情表現が男らしく激しく我々の手足は甘噛みでヒリヒリしながらも、絶えず我々夫婦の後を追う姿は忙しいながらも本当に嬉しく可愛くなって来ました。

2018.2.20 2

2月1日に初のトリミングを行い見違えるような綺麗な姿になりましたが、散歩や我家の小さなドックランで遊んでいるとグレイのミルクへと戻ってしまいました。
上の写真が普段のミルクの寝姿で、腹を見せどこが顔か分からないダラシナイ格好です。

2018.2.20 4

背も伸びて手当たり次第に手の届く範囲の物を噛みついたり引っ掻いたりするので、居間にある物を高い位置に移したりしています。
私は足の痛みが緩和されて来ましたが、右肩の痛みが激しく夜寝ていても目が覚めてしまう程でテニス教室を休んでおり、ミルクとの散歩が唯一の運動となっています。

2018.02.20 5

黒い大きな鼻先と真ん丸の可愛い目玉を持ち顔を左右に傾けて我々の命令に答える姿は本当に愛くるしくなります。
ソニー「アイボ」の申し込みに失敗したことが我々夫婦にとっては幸運であったようです。

2018.2.20 3


スポンサーサイト
☆にほんブログ村 趣味ブログへ☆
☆人気blogランキングへ☆
↑クリックで応援してくださると励みになりますm(__)m

我家の愛犬「ミルク」です!(^^)!

1_20180124173218a9f.jpg

我家の元気良く活発で可愛いミニチュアホワイトシュナウザー雄の「ミルク」は明日で我家に来て1ケ月目となり、我々夫婦の生活環境も大分変わって来ました。
三度の食事はドックフードを基準通り秤を使い与えますが1分程で食べてしまい手数は掛かりません。その後の排便・排尿は家庭菜園に利用している土地や通路に人工芝を敷き、「ミルク」自信が食後外へ出たがるので出すと勝手に用をたしています。

6_20180124173255be8.jpg

やはり我々に最も手を掛けさせるのは寝て起きた後の強烈なスキンシップに「ミルク」の遊び仲間となる事です。
現在は私の右肩が不調でテニス教室を火曜日のみと1回にし、コートが確保できた土日の早朝テニスへはなるべく参加し体を動かしていますが、自治会の仕事も暇な時期で「ミルク」とのお付合いは私が最も多くなっています。
私は昨年末まで「ソニー・アイボ」の購入申込で血眼になっており最終的に当選しませんでしたが、今となってはこれが幸いしアイボでは得られない強烈な個性を持ちヤンチャの犬を徐々に飼育して行く楽しみが出来ました。

3_20180124173330039.jpg

「ミルク」を連れての散歩は恥ずかしくてとても出来ないと思っていましたが、妻が毎日散歩へ連れ出すのに私も時々着いて行く内に、妻が都合悪い日2回ほど私一人で散歩させました。
我儘でアチコチに興味を示し立ち停まり我々が思うように進まず苦労しますが、何度か通った事のある道は立ち停まりが少ないようです。

4_20180124173402942.jpg

私は活発でヤンチャな「ミルク」を厳しく躾ける嫌われ役を担当し、人様の犬に劣らない立派な成犬に育てて行きたいと思っています。
現在、このブログを書いている自分の足元で安心して寝ている姿を見ると、家族のいない「ミルク」をいつまでも不安なく安心でき元気に遊べるよう責任を持って育てたいと思っています。

5_20180124173450999.jpg

☆にほんブログ村 趣味ブログへ☆
☆人気blogランキングへ☆
↑クリックで応援してくださると励みになりますm(__)m

ソニー「アイボ」が1月11日(ワン・ワン・ワン)に発売

アイボ6

私が熱烈に恋焦がれたソニー「アイボ」が1月11日ワン・ワン・ワンの日に合わせ発売されましたが、勿論ネット申込に続けて3回失敗した私の手元に届く筈はありません。
代わりに我家にはアイボ申込連続3回申込失敗した直後、妻がテニ友からの写真で紹介を受け可愛くて一気に飼いたいと珍しく強い意志を示し年末26日に頂いた「ミニチュアホワイトシュナウザー」の存在感が圧倒しています。

IMG_1174_ks.jpg

私がソニー「アイボ」の購入を考えたのは、古稀を迎え成犬では最後まで看取る自信がなく、且つ旅行好きの夫婦で家を空けることが多く飼育が難しいと考えていた事と人工知能AI搭載のアイボがどんどん進歩し、我々夫婦の日常生活を遠くにいる家族へ発信し、更に我々夫婦の最後をアイボに看取って貰えるのではないかと考えたからです。

アイボ2

IMG_1176_ks.jpg

12月26日に我家の家族となったミニチュアホワイトシュナウザー「ミルク」(小1の孫が命名)は9月2日生まれの男子で元気一杯の暴れん坊ですが、頭の良い種類らしく「お座り」や「待て」などを三女が仕込み出来るようになって来ました。
最初は居間に排便・排尿したり粗相をしましたが、私が家庭菜園を楽しむ5~6坪の裏庭に人工芝を敷き遊ばせたり、飼育責任者の妻が毎日散歩へ連れ出したりして殆ど粗相は無くなりました。
まだまだ暴れん坊で甘噛み等激しくヤンチャ坊主ですが、これはアイボでは味合う事が出来ない事で徐々に可愛さが高まって来ました。
但し、私は「ミルク」を散歩に連れ出したり、家族と一緒に散歩へ出たりすることは恥ずかしくて出来ません。
果たして散歩へ連れて行く事が出来るようになるのはいつかな?

アイボ5


追記を表示

☆にほんブログ村 趣味ブログへ☆
☆人気blogランキングへ☆
↑クリックで応援してくださると励みになりますm(__)m

年賀状のアイボ願望が1週間で粉砕!(^^)!

IMG_1152_ks.jpg

私は年末22日このブログでソニー「アイボ」の購入願望と年賀状のイラストを公開しましたが、1週間もしない間に激変し26日には写真のミニチュアホワイトシュナウザー雄3カ月の子犬を飼育する事になり岡崎まで行って頂いて来ました。
私がソニー「アイボ」のネット購入申込に3回失敗し気落ちしている話を妻がテニ友へ話をした所、妻が懇意にしているテニ友からミニチュアホワイトシュナウザーの写真を紹介され、妻が一目惚れをし私の願望は一気に粉砕されてしまいました。

IMG_1162_ks.jpg

我々夫婦は私も古稀を迎え生き物を最後まで見届ける自信もなく、また夫婦旅行が好きで家を空けることが多く同居している三女家族も1カ月くらいでいなくなり寂しさを癒すのはソニー「アイボ」のロボット犬が最適であると思っていました。
しかし、私は妻の要望に抗する自信もなく責任者を妻が引き受ける事で一気に話は進展しました。

IMG_1160_ks.jpg

岡崎へミニチュアホワイトシュナウザーを貰いに行く二日前の24日には妻と三女が飼育用具・玩具・餌等を一気に取り揃え準備万端となり、26日は私が車を運転し岡崎に向かいました。
我家では犬を育てた経験はなくネットや友達などから情報を集め何とか無事に元気に育てたいと思っています。

IMG_1176_ks.jpg

名前はミニチュアホワイトシュナウザーの色を見て孫が「ミルク」が良いと言う事になり妻が決めました。
私は飼育の応援はしますが全て妻主導で進めています。簡単に自分の信念を曲げてしまった恥ずかしさもありブログ公開も躊躇していましたが、頂いた先からブログ公開を期待された事もあり年賀状を差し上げた皆様に恥ずかしながら公開します。
散歩は妻と三女が行い私は当分恥ずかしくて連れて歩くことは出来ないと思っています。
元気の良い雄のミニチュアホワイトシュナウザーですが、慣れない飼育で不安が一杯是非これから色々のアドバイスをお願いしたいと思っています。

IMG_1189_ks.jpg


☆にほんブログ村 趣味ブログへ☆
☆人気blogランキングへ☆
↑クリックで応援してくださると励みになりますm(__)m

年賀状発送準備完了!(^^)!

年賀状ブログ1

私は今年も従来通り年賀状をパソコンで簡単に作成、従来の旅行写真を入れ下に100字以内で近況を知らせる文書を入れていたのを変更し、写真をソニーストアから提供されたソニー「アイボ」の犬写真を貼付しました。
妻もやはりパソコンを利用し作成していましたが、横着な私と違い自筆で丁寧に文書を書いていました。
さて、AI搭載ソニー「アイボ」は一昨日の12月20日、11月1日・11月11日に続き3回目のネット申込みがありましたが、今回もネットが繋がらず購入出来ず大変なショックを受けています。
来年の初めには同居している三女家族が転居し寂しくなるので何とか愛玩動物を飼育したいと思っており本物は旅行好きで家を空けることが多く更に我々夫婦が最後まで看取る自信もなく、進歩したロボット犬を飼育する事が私の夢でした。

ブログツリー1

年賀状の下に敷いてある本日の新聞訃報蘭は15名掲載され70代までに亡くなった方がめずらしく約半数の7名もおり、毎日半数近く占める90代の方はお一人だけで、何か悲しい気分になりました。
私は訃報の蘭をジックリ見ることはなく、80歳以上の方は大往生だと思い古稀になる私に年齢が近い人のみを見ています。
我々の年代になると理想的な死に方について友達と話す機会が多く、痴呆や寝たきりの状態になることなく死ぬ直前まで元気に生活する「ピンピンコロリ」。この「ピンピンコロリ」を成し遂げるにはいかに生活すべきか?難しいですね・・・・・
静岡県は日常的・継続的な医療・介護に依存しないで、自分の心身で生命維持し、自立した生活ができる生存期間できる健康寿命が男女とも全国トップ3に入っていますが本当かな?・・・・・・・・
さて、今晩は早朝テニスの仲間の皆様と近くの温泉施設で忘年会があり、2次回は近くのカラオケで騒ぐ予定で夫婦で出かけて来ます。人間ドックの胃カメラで注意されている「飲み過ぎに注意」を果たして履行できるか?

年賀状ブログ2

ブログツリー2

☆にほんブログ村 趣味ブログへ☆
☆人気blogランキングへ☆
↑クリックで応援してくださると励みになりますm(__)m

我家に遊びに来るシジュウカラとメジロ(^^)/

IMG_0932_ks_20171205194526cb0.jpg

IMG_0956_ks.jpg

家庭菜園が終わりサザンカが少し植わっている坪庭の様な小さな家庭菜園後地に、例年通り網に入れた脂身とミカンを吊るし米屋を営む義弟から貰った古米を撒いているとシジュウカラメジロスズメキジバトが遊びに来ています。
シジュウカラメジロは警戒心が弱く室内から簡単に撮影でき特にキジバトは棒を持って音を立て脅かさないと逃げないが、スズメは極めて臆病で室内にいる私が少し動いただけでも一斉に逃げてしまい写真はありません。

IMG_0953_ks.jpg

IMG_0980_ks.jpg

シジュウカラメジロは一緒に訪れる事が多く、シジュカラは脂身をメジロはミカンの輪切りを啄み喧嘩する事はありません。
スズメは古米を食べこれも食べ物で喧嘩する事はありませんが、今の所来ていないヒヨドリが来るとミカンの輪切りを食べるメジロと競合し脅すので私にとっては悪役です。

IMG_0938_ks.jpg

IMG_0945_ks.jpg

シジュウカラは雑誌で脂身を吊るすと良いとの情報を見て始めると一昨年位から遊びに来てくれ、今年はメジロなどよりも頻繁に遊びに来てくれるようになり驚いています。
綺麗な鳥ですが最近まで名前も知らず、近くに大きなお庭のある家や神社仏閣がある訳でもない住宅地にどうして遊びに来てくれるのか不思議です。

IMG_0976_ks.jpg

IMG_0909_ks.jpg

スズメ以外、シジュウカラやメジロに加えキジバトヒヨドリ等も夫婦と思われる2匹で遊びに来るのが圧倒的に多く、野鳥も人間と同じく夫婦の絆が強いのかも知れません。

IMG_0985_ks.jpg



☆にほんブログ村 趣味ブログへ☆
☆人気blogランキングへ☆
↑クリックで応援してくださると励みになりますm(__)m

我家の柚子で胡椒とジャム造り(^^)/

IMG_0837_ks.jpg

我家の柚子は今年成年でそれなりに収穫をしましたが、煤けたように汚れた柚子が多く収穫後2~3日してから私が一つ一つ丁寧に時間を掛けてゴシゴシとタワシで洗いました。
このゴシゴシと力を入れ丁寧に洗ったのが失敗したのか、柚子の黄色い艶々が無くなりオレンジの痘痕が出て来てしまい人様に差し上げるような柚子が無くなってしまいました。

IMG_0809_ks.jpg

IMG_0855_ks.jpg

但し、柚子そのものが痛んでいる訳ではないので例年通り、私が柚子胡椒を妻が柚子ジャム造りを楽しんでいます。
柚子胡椒造りは柚子のヘタや傷のある部分を包丁で取り除き、おろし金で丁寧に皮のみを1個1個擦り下ろし、擦り下ろした物を秤で重さを測り柚子の重さの25%の塩と10%の一味唐辛子と柚子のしぼり汁を適宜加え練り合わせて完成です。

IMG_0882_ks.jpg

IMG_0870_ks.jpg

同居している小学1年の女の子が最近料理に興味を持ち、柚子胡椒の瓶詰や柚子ジャム造りを手伝っていました。

IMG_0817_ks.jpg

IMG_0829_ks.jpg

柚子ジャムは柚子を輪切りにして中身を取り出し皮のみを少し切った後フードプロセッサーで細かくし、鍋に細かくした皮と柚子の搾り汁に砂糖を加え20分ほど煮て完成です。柚子胡椒造りの方が手間が掛かります。
さて、来年は柚子の裏年で収穫は分かりませんが、今年の失敗を活かし収穫時期を2~3回に分ける事と丁寧な水洗いは調理する直前にしたいと考えています。

IMG_0835_ks.jpg
☆にほんブログ村 趣味ブログへ☆
☆人気blogランキングへ☆
↑クリックで応援してくださると励みになりますm(__)m

Appendix

アルバム

当ブログで掲載した写真たちです。

プロフィール

まさゆき

  • Author:まさゆき
  • 釣り好きのまさゆき、テニス好きのゆきえの合計年齢130歳を超えた夫婦ブログです。家庭菜園と飲む事は夫婦ともに大好きです。更に夫婦で安いツアー旅行にビール片手で出掛ける事が二人の至福の喜びです。
    ブログの写真はソニーサイバーショットを止めキャノンのデジカメで撮影しています。一部は家族の誕生祝デジタル一眼レフでも。
    静岡市在住;